テーブルグッズまとめブログ

キッチンやダイニングのグッズに関する情報をまとめています。

行列食パン店仕掛け人 奇抜な店名で引き立つ本物の味

高級食パン専門店

今、「高級食パン専門店」が全国に増えている。素材と製法にとことんこだわった高級食パンだけを売る業態で、1斤400円前後かそれ以上の価格で販売して消費者の人気を集めている。

続きを読む

ポテチまで登場、「恵方巻き商戦」に異変あり

恵方巻き商戦


廃棄ロスは課題

 2月3日の節分を前に、コンビニやスーパー各社の恵方巻き商戦が本格化している。今年はお試し用のミニサイズのほか、恵方巻きをイメージしたスナック菓子など変わり種も。もともと節分に太巻きを食べる習慣は大阪だけだったが、今や全国区のイベントに成長。予約販売にすることで、売れ残った恵方巻きの食品廃棄を回避しているのも特徴だ。

続きを読む

日産車の主要部品に「検査不正問題」が発覚

news

 カルロス・ゴーン前会長(64)の特別背任事件に揺れる日産自動車。東京地検特捜部が水面下でゴーン氏への捜査を進めていた2018年9月頃、日産車の主要部品に検査不正問題が起きていたことが、「週刊文春」の取材で分かった。

続きを読む

国交省、ヤマト子会社に改善命令=4支店は事業停止―引っ越し料金過大請求

news

 ヤマトホールディングス(HD)の子会社で引っ越し事業を行うヤマトホームコンビニエンス(東京)が料金を過大請求していた問題で、国土交通省は23日、子会社に対し貨物自動車運送事業法に基づく事業改善命令を出した。

続きを読む

テーブルウェア

テーブルウェア

テーブルウェア(英語: Tableware)とは、食卓に食べ物や飲み物を供するために使う食器類である。テーブルウェアにはカトラリーやガラス食器(グラスウェア)も含まれる。分類、種別、個数はそれぞれの文化、地域、および料理において様々である。

アメリカ合衆国では、テーブルウェアをより一般的にディナーウェア(米: dinnerware)と呼ぶ。ディナーウェアにはガラス食器が含まれるが、カトラリー(スプーン、フォーク、ナイフ等)は含まない。イギリスでは、陶磁器の食器類をクロッカリー(英: crockery)と呼ぶことがある。アメリカ合衆国では、陶磁器のディナーウェアをチャイナ(米: china)と呼ぶ。食器類一式は、英語でtable service またはservice set と呼ぶ。テーブルセッティング(Table setting またはプレースセッティング、place setting)は、正餐または日常の食事で一人分の皿、カラトリー、ガラス食器一式を並べること(配膳)を示す。アイルランドでは、食器類をdelph と呼び、ベリーク (Belleek Pottery) 磁器のような高級品をchina と呼ぶ。
delph という単語は、デルフト陶器から派生したdelf の発音表記綴りである。
イギリスでは、食事を供することをSilver service またはbutler service と呼ぶ。


テーブルウェア(tableware)という用語は1766年に、ディナーウェア(dinnerware)は1946年に最初に使われた。

食器は通常、土器、炻器、ボーンチャイナ、磁器といったセラミック素材であるが、木材、ピューター、銀、金、ガラス、非晶ポリアリレート、プラスチックのような他の素材で作ることもある。食器は4、8、または12組または個別に販売される。壊れた皿を交換するためなどの個々の食器は、店の「補充品」在庫、または生産終了の場合に骨董店から購入できる。

食器の大きさ

食器は製造業者により定められた標準の大きさで販売されている。業界で全体で類似した大きさである。直径の大きい順で、標準サイズは次の通りである。

  • チャージャー (Charger) :12 インチ (304.8 mm)
  • ディナー皿:10.5 インチ (266.7 mm)
  • デザート皿:8.5 インチ (215.9 mm)
  • サラダ皿:7.5 インチ (190.5 mm)
  • 小皿、茶皿:6.75 インチ (171.5 mm)


出典:Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2

テーブルウェア

西洋の食器。食卓で用いる食器を英語ではカトラリーcutleryとテーブルウェアtablewareに大別し,後者をさらにフラットウェアflatwareとホローウェアhollowwareに分ける。カトラリーは刃物の総称で,この場合はナイフをさし,フラットウェアはスプーンやフォークを,ホローウェアは皿,ティーポットなどをいう。

出典:コトバンク
https://kotobank.jp/word/%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2-808019#E9.A3.9F.E5.99.A8.E3.83.BB.E8.AA.BF.E7.90.86.E5.99.A8.E5.85.B7.E3.81.8C.E3.82.8F.E3.81.8B.E3.82.8B.E8.BE.9E.E5.85.B8




ランチョンマット

テーブルグッズ


プレイスマット。◇和製語。ランチョン(luncheon)+マット(mat)。「ランチョン」は「(接待・会合などの格式のある)昼食、または軽い昼食」の意。⇒プレイスマット
食事の時、テーブルの上に敷く一人用の小さな敷物。食器が直接テーブルにあたって音がしたりテーブルに傷が付いたりするのを防ぐために用いる。◇和製語。ランチョン(luncheon)+マット(mat)。「プレースマット」ともいう。
食卓に敷いてめいめいの食器をのせる布。

出典:コトバンク
https://kotobank.jp/word/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88-408316


プレースマット


プレースマット(place mat)は、食事の際に食材をのせた皿、ナイフ、フォーク、スプーン等を置くための布。日本ではランチョンマット(luncheon mat)とも呼ぶ(ランチョンマットは和製英語)。

テーブルクロスがテーブル全体を覆うものであるのに対して、プレースマットはテーブル全体を覆うわけではなく食事をとる各人にそれぞれ個別に敷いて用いる。

布製のもののほか、木製やプラスチック製のものもある。

出典:Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88



テーブルクロス

テーブルクロス

テーブルクロス(英語: tablecloth )は、テーブルなどにおおいかぶせかける布である。材質、デザインなど、さまざまな趣向が凝らされることが多く、一概に述べることはむつかしいので、以下、伝統的な場合について述べる。

普通の食卓用は、白色の、ダマスク・リネンで、食事を準備するときにテーブルの上に広げ掛けられ、その上に食器が置き並べられる。 幅は50インチから72インチほどで、中央とボーダーの紋様が調和するように作られている。

また、食事の時に限らず常にテーブルに掛けられる装飾型のテーブルクロスもある。

アフタヌーンティーの時は、白麻のレースで、レースや刺繍など繊細優美なものが用いられる。

掛け方としては、四方に垂らして全面をおおう法もあり、また、方形のテーブルに菱形に掛けて普通であれば覆いかくされて見ることのできない下のテーブルを見せる法もある。

特にテーブル中央に敷かれるものは「テーブルセンター」とも呼ばれ、「センター・ピース」ともいう。正方形のものはテーブル中央に菱形に置かれ、長方形のものはテーブルの中央を横切るように、テーブルの両長辺から30cmほど垂れるように敷く。大きな饗宴の場合は、テーブルセンターの上に装飾を兼ねながら、花あるいは「スウィーツ」を置く。

出典:Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9

テーブルクロス(tablecloth)

テーブル掛けともいうが,食事の際に食卓にかける布と,装飾的なものに大別される。後者はテーブルカバーともいい,ビロード,つづれ織をはじめ織模様や染模様をだしたもの,刺繡(ししゆう)をほどこしたもの,レース編によるものなどがあり,室内装飾の一要素となっている。テーブルの中央におく小型のものもあり,同様に卓上を飾る銀器やガラス器などを含めてテーブルセンターあるいはセンターピースと呼ぶ。 西洋ではフォークが一般化するまで手づかみで食事をしていたので,テーブルクロスが現れたのはフランスではカロリング朝のルイ(ルートウィヒ)1世(在位814‐840)の時代から,イギリスではアングロ・サクソン時代(8~10世紀)からとみられ,食事の際に1皿ごとに手を洗ってテーブルクロスの自席の部分でぬぐった。

出典:コトバンク
https://kotobank.jp/word/%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9-575022



テーブルランナーの意味

テーブルグッズ


ここでは、テーブルランナーの意味について見ていきましょう。

テーブル‐ランナー(table runner)

テーブルを横断させるように敷く、細長い飾り布。

出典:コトバンク
https://kotobank.jp/word/%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC-679043 

テーブル‐ランナー【table runner】


テーブルを横断させるように敷く、細長い飾り布。
出典:goo辞書
http://dictionary.goo.ne.jp/jn/258454/meaning/m0u/
 
コトバンクとgoo辞書でテーブルランナーの意味の解説がありました。
wikipedeiaには、テーブルランナーの項目はなかったので、
あまりメジャーなモノではないことがうかがえます。
テーブルランナーという言葉を初めて聞いた方もいるかもしれません。
テーブルランナーの意味をまとめると、
テーブルを横断させるよう敷く、細長い飾り布
のことです。


テーブルグッズまとめブログでは、

テーブルコーディネート、テーブルウェア、

テーブルランナー、テーブルクロス、ランチョンマット、プレースマット
に関する情報をまとめたサイトです。

随時更新しますので、宜しくお願いいたします。


テーブルグッズ


テーブルグッズまとめブログ制作委員会

↑このページのトップヘ